自分に合った大学探しをするためのサイト

大学探しの口コミ総合情報サイト

関西の大学

同志社大学の評判知ってる?偏差値、入試、口コミをチェック!

更新日:

同志社大学の基本情報

同志社大学は1875年に新島襄が創立した同志社英学校が起源で、140年以上の歴史を持ちます。新島襄は幕末の日本を飛び出し、アメリカで日本人初の大学卒業生となった、明治六大教育家の一人です。

 

同志社は「志を同じくする者が創る結社」という意味で、新島襄の志が反映されています。新島襄の夢に基づき、同志社大学の創立当初からの教育のベースは、「自由」と「良心」です。生徒も「同志」と捉え、生徒一人一人の人格が重視されています。

≫≫同志社大学のパンフレットを無料で取り寄せる

同志社大学の偏差値など全14学部をチェック!

学部ごとの偏差値や2017年の一般入試の倍率、学費、各キャンパスへのアクセス方法をご紹介します。

今出川校地

今出川校地は今出川キャンパス、新町キャンパス、室町キャンパス、烏丸キャンパスからなり、主に文系学部使う校地です。ゴシック様式の洋風建築が揃い、礼拝堂やクラーク記念館は重要文化財に指定されています。

メモ

・地下鉄烏丸線の今出川駅から徒歩1分
・京阪電車の出町柳駅から徒歩15分
・バス停の烏丸今出川から徒歩1分

 

神学部

偏差値:55.0

一般入試の倍率 :5.2

神学部の学費 単位:円
年間授業料 839,000
教育充実費 149,000
諸会費 3,000
入学金 200,000
初年度合計 1,191,000

文学部

偏差値:57.5〜62.5

一般入試の倍率:3.1

単位:円 文学部(英文学科)の学費 文学部(哲・美学芸術・文化史学)の学費 文学部(国文学)の学費
年間授業料 839,000 839,000 839,000
教育充実費 149,000 149,000 149,000
諸会費 9,000 8,000 10,000
入学金 200,000 200,000 200,000
初年度合計 1,196,000 1,197,000 1,198,000

社会学部

偏差値:55.5〜62.5
一般入試の倍率:4.2

社会学部の学費 単位:円
年間授業料 839,000
教育充実費 149,000
諸会費 9,000
入学金 200,000
初年度合計 1,197,000

法学部

偏差値:60.0
一般入試の倍率:2.8

法学部の学費 単位:円
年間授業料 839,000
教育充実費 149,000
諸会費 8,000
入学金 200,000
初年度合計 1,196,000

経済学部

偏差値:57.5
一般入試の倍率:2.9

経済学部の学費 単位:円
年間授業料 839,000
教育充実費 149,000
諸会費 9,500
入学金 200,000
初年度合計 1,197,500

商学部

偏差値:60.0
一般入試の倍率:5.1

商学部の学費 単位:円
年間授業料 839,000
教育充実費 149,000
諸会費 10,000
入学金 200,000
初年度合計 1,198,000

政策学部

偏差値:57.5

一般入試の倍率:3.0

政策学部の学費 単位:円
年間授業料 839,000
教育充実費 149,000
諸会費 7,000
入学金 200,000
初年度合計 1,195,000

京田辺校地

京田辺校地は、京田辺キャンパス、多々羅キャンパス、相楽郡の学研都市キャンパスからなり、主に理系、スポーツ系学部が使う校地です。図書館やスポーツができる記念館があります。

アクセス情報

・近鉄電車の興戸駅から徒歩15分
・近鉄電車の三山木駅からバスで7分
・JR学研都市線の同志社前駅から徒歩10分

文化情報学部

偏差値:55.0~57.5

一般入試の倍率:3.0

文化情報学部の学費 単位:円
年間授業料 898,000
教育充実費 160,000
実験実習料 30,000
諸会費 2,000
入学金 200,000
初年度合計 1,290,000

理工学部

偏差値:57.5~60.0

一般入試の倍率:3.0

単位:円 理工学部(数理システム学)の学費 理工学部(数理システム学以外)の学費
年間授業料 1,184,,000 1,184,,000
教育充実費 225,000 225,000
実験実習料 20,000 78,000
諸会費 2,000 2,000
入学金 200,000  200,000
初年度合計 1,631,000 1,689,000

生命医科学部

偏差値:55.5〜57.5

一般入試の倍率:1.9

生命医科学部の学費 単位:円
年間授業料 1,184,,000
教育充実費 225,000
実験実習料 78,000
諸会費 9,000
入学金 200,000
初年度合計 1,696,000

スポーツ健康科学部

偏差値:55.0〜57.5

一般入試の倍率:4.5

スポーツ健康科学部の学費 単位:円
年間授業料 898,000
教育充実費 160,000
実験実習料 50,000
諸会費 8,000
入学金 200,000
初年度合計 1,316,000

心理学部

偏差値:60.0〜62.5

一般入試の倍率:3.7

心理学部の学費 単位:円
年間授業料 930,000
教育充実費 168,000
実験実習料 25,000
諸会費 9,000
入学金 200,000
初年度合計 1,332,000

グローバル・コミュニケーション学部

偏差値:60.0〜62.5

一般入試の倍率:4.3

グローバル・コミュニケーション学部の学費 単位:円
年間授業料 930,000
教育充実費 168,000
諸会費 5,000
入学金 200,000
初年度合計 1,303,000

グローバル・地球文化学部

偏差値:60.0〜62.5

一般入試の倍率:3.6

グローバル・地球文化学部の学費 単位:円
年間授業料 839,000
教育充実費 149,000
諸会費 5,000
入学金 200,000
初年度合計 1,193,000

同志社大学の入試情報について

入試日程(スケジュール)

同志社大学の入試は学部ごとに日程が異なります。

2018年日程 入試日 出願期間 合否発表
全学部日程(理系) 2/4 12/26〜1/12 2/15
全学部日程(文系) 2/5 12/26〜1/12 各学部の合格発表と同日
文学部 2/6 12/26〜1/12 2/15
経済学部 2/6 12/26〜1/12 2/15
政策学部 2/7 12/26〜1/12 2/16
文化情報学部 2/7 12/26〜1/12 2/16
生命医科学部 2/7 12/26〜1/12 2/16
スポーツ健康学部 2/7 12/26〜1/12 2/16
法学部 2/8 12/26〜1/12 2/17
グローバル・コミュニケーション学部 2/8 12/26〜1/12 2/17
神学部 2/9 12/26〜1/12 2/18
商学部 2/9 12/26〜1/12 2/18
心理学部 2/9 12/26〜1/12 2/18
グローバル地球文化学部 2/9 12/26〜1/12 2/18
社会学部 2/10 12/26〜1/12 2/19
理工学部 2/10 12/26〜1/12 2/19

オープンキャンパス情報

同志社大学では7月、8月に京田辺キャンパス、今出川キャンパスでオープンキャンパスを実施しています。キャンパスや学部により実施日が異なるので、詳細は同志社大学のホームページで確認するようにしてください。

 

オープンキャンパスでは、入試説明会、学部紹介、模擬講義、キャンパスツアーのほか、礼拝堂見学やパイプオルガンの見学など、キリスト教を感じるイベントも開催されています。

同志社大学の進学と就職

大学院進学率(文系):約5%

大学院進学率(理系):約56%

主な就職先

井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、日本生命相互保険、京都銀行、みずほフィナンシャルグループ、国家公務員一般職、りそなグループ、東京海上日動火災保険、野村證券、南都銀行、パナソニック、日立製作所、トヨタ自動車

≫≫同志社大学のパンフレットを無料で取り寄せる

同志社大学の特徴

歴史と革新を感じる同志社大学

同志社大学の建物はゴシック様式で美しく、重要文化財に指定されているものもあります。歴史的な京都の街並みに歴史ある洋風の建物が並び、礼拝堂や記念館は外部の人も見学に訪れる程の注目度です。

 

図書館やコンピュータ設備が充実していて校舎もきれいなので、女子に人気があります。通うのが楽しくなるキャンパスだと評判です。

個性を大事にする

同志社大学では創立当初の新島襄の志を現在にも伝えています。「良心」と「自由」がベースになったキリスト教主義の思想のもと、個を大切にするマインドが受け継がれ、教育プログラムにも反映されています。

楽しいキャンパスライフ

同志社大学はサークル活動が盛んで、長い歴史を持つサークルや、体育会系のスポーツサークルなど、単なる遊びのためではなく自分を深めていけるサークルも複数存在しています。サークルで出会った仲間は一生ものだと思う学生も多いのだとか。

 

創立記念を祝う「同志社EVE」は60回続く伝統の学園祭で、今出川キャンパスがイルミネーションに包まれ雑誌の取材を受けるほどの注目が集まっています。京田辺キャンパスで開催される「同志社京田辺祭」は、通称クローバー祭と呼ばれ、地域住民も参加可能なスポーツフェスティバルも同時開催です。

同志社大学の口コミ

・資格を取るための講義も多くあり、知識を深めていける環境があります。(2014年入学 女性)

・留学制度がしっかりしているので、英文学科では留学に行く生徒も大勢います。(2014年入学 女性)

・経済学部ではかなり難しい数学が必修なので、数学が苦手な人は苦戦するかもしれません。(2014年入学 女性)

・今出川キャンパス周辺に安くてボリュームのある定食屋さんがあり、遊ぶ場所もたくさんあるので、授業の空き時間も楽しく過ごせる。(2013年入学 男性)

・企業への就職は強く、大手有名企業やメガバンクに就職する人も多い。キャリアセンターのサポートもしっかりしている。(2013年入学 男性)

研究室の数があまり多くなく、研究に対する予算がたくさんないように感じる。(2013年入学 男性)

大学のパンフレットを無料で取り寄せよう!


大学を比較して探すなら『マイナビ進学』がオススメです。

こんな方におすすめ

  • 自分の目標や希望にあった学校を選べる!
  • 目標の学校が実際どんな学校なのか調べられる!
  • オープンキャンパスや入試・出願の詳細の情報を一括管理できる!

【限定】12/31まで!
パンフレットを取り寄せた方に500円分の図書カードプレゼント!

-関西の大学

Copyright© 大学探しの口コミ総合情報サイト , 2022 All Rights Reserved.